デジタル加工

  • メーカー名:Roland
  • 型番:VersaUVLEF-300

UVプリンター

フロア 至誠館 2F
台数 1台
加工可能素材 木材、アクリル、皮革、金属
800×360×100以内
重量8kg
加工可能サイズ 770×330×100 mm
メーカーWebページ
ライセンス ULTRA基礎講習

・6種類のUV硬化インクによる平面の印刷

機材の一覧に戻る


UVプリンター VersaUVLEF-300 の使い方

加工条件

  • 加工サイズはW770×D330×H100 mm
  • Illustratorで編集できる形式でデータを作成する(.ai/.jpg/.pdf)
  • 4つのレイヤーに分け、プリント順に並び替えておく(仕上がりによっては変わる)

1.マシンの起動と材料準備

  1. 本体前面下部にある電源ボタンを押す
  2. 本体下にある集塵機の電源スイッチをONにする


     
  3. フタを開けて、素材を設置する


     
  4. テーブルに素材を固定する


     
  5. 素材に付いた指紋やホコリなどの汚れを拭き取る
    注意! テーブルを強く押さないようにすること


     
  6. 本体のSETUPボタンを押す
  7. DOWNボタンを押し、素材が本体奥のセンサーバーに当たらないところまでテーブルを下げる


     
  8. 本体矢印キーでテーブルを奥に移動させる


     
  9. UPボタンを押し、素材と本体奥のセンサーバーが接触するまでテーブルを上げる


     
  10. DOWNボタンを5回押す→ENTER


     
  11. LANケーブルで加工機本体とPCを接続する

2.データ編集

  1. USBにあるデータをデスクトップにコピーする


     
  2. Illustratorでデータを開く


     
  3. 4つのレイヤーに分け、プリント順に並び替えておく


     
  4. 分けているレイヤーのprimer,white,grossには専用のカラーを当てはめる
    注意! primer,whiteは0.02mm内側にオフセットすること


     
  5. データを.eps形式で保存
    (VersaWorksでの編集後.aiでも保存するため一旦ウィンドウを小さくしておく)


     
  6. VersaWorksを開く


     
  7. Aのフォルダに.epsデータをドラッグ&ドロップ
    (A,Bどちらのフォルダでも問題ない)


     
  8. primer、white+cmyk、grossそれぞれの印刷の条件、状態を設定
    さまざまな印刷の組み合わせが選択できるが、希望する仕上がりによって選択内容は変わる​

    ● Primerの場合
    ファイル名をダブルクリックする
    品質を選択
    用紙の種類:プライマー
    印刷品質:高品質
    モード:Primer2 (Primer1,2どちらでも問題ない)
    印刷方向:単方向
    設定ができたら、OKを押す
    画面下部の印刷ボタンを押す


    ● white+cmykの場合
    ファイル名をダブルクリックする
    品質を選択
    用紙の種類:一般
    印刷品質:高品質
    モード:White->CMYK
    印刷方向:単方向
    設定ができたら、OKを押す
    画面下部の印刷ボタンを押す


    ● grossの場合
    ファイル名をダブルクリックする
    品質を選択
    用紙の種類:特殊仕上げ
    印刷品質:高品質
    モード:GlossVermish
    印刷方向:単方向
    設定ができたら、OKを押す
    画面下部の印刷ボタンを押す
  9. 緊急停止
    印刷を途中で止めたい時はポーズボタン(PAUSE/VACUUM)を押しSETUPボタンを長押しする


     
  10. データを削除する
    (VersaWorks上のデータを選択し、ゴミ箱のアイコンをクリック)
  11. VersaWorksを閉じる


     
  12. ウィンドウを小さくしておいたIllustratorのデータを開き、.aiで保存する
    (VersaWorksで編集をしている最中にIllustrator側で編集すべきデータの不具合が生じたときの為に、ここまでIllustratorを開いたままにしておく)

3.加工

  • 素材が印刷ヘッドに接触するなどの異常がないよう目を離さないこと
  1. 加工が終了したら、加工機本体のENTERボタンを押す
  2. 素材を取り出す

4.片付け

  1. 不具合や破損がないか点検し、電源を切る
  2. 今回編集したデータを自分のUSBに入れる
  3. デスクトップ上のデータを削除し、USBを取り出す


     

TOP