デジタル加工

  • メーカー名:brother
  • 型番:PR655

刺しゅうミシン

フロア 至誠館 4F
台数 1台
メーカーWebページ
ライセンス ULTRA基礎講習

【加工可能サイズ】
※刺しゅう枠ごとにサイズが違う
※加工したい素材が枠に挟める大きさか確認する
L: 200×300mm
M: 180×130mm
S: 100×100mm
SS: 70×40mm
靴下:40×30mm
帽子:70×30mm

【加工可能素材】
・接着芯を貼った布

【禁止事項】
・厚すぎる素材
・硬すぎる素材

機材の一覧に戻る


刺繍ミシン brother PR655 の使い方

加工条件

  • 布(綿麻フェルト等)、革、紙

1.元となるデータを用意する

  • 原寸大でデータを制作する(Illustratorなど)
  • 刺繍PRO10で編集できる形式で保存する(.SVG)

2.データ編集(画像データを刺繍データにする)

  1. USBにあるデータをデスクトップにコピーする


     
  2. 刺繍PRO10を開く
  3. 新しいデザインページを設定する→枠サイズや生地を設定する
  4. 枠サイズを変更→OK→生地の設定→OK
  5. メニューバー→データ取り込み→ベクトル画像ファイル変換
    →刺繍したいデータを選択→開く

  6. ぬい方の設定
    読み込んだデータを右クリック→走りぬいをぬわない線に変更
    ぬい順のデータを選択し、ぬい方や色を設定する
  7. ぬい順の確認と変更
    画面左側にぬい順が表示されているため、ぬい順を確認
    ぬい順最適化をクリック

  8. 名前をつけて保存
    左上HOMEボタン(花のアイコン)→名前をつけて保存→デスクトップに半角英数宇で保存
    →データをUSBに入れ、USBを取り出す
    注意! USBにデータをコピー後、デスクトップに保存したデータは削除しておく

3.マシンの起動と材料準備

  1. 加工範囲に適した刺繍枠を選ぶ


     
  2. 加工したい範囲をマーキングし、布を刺繍枠に挟み込む
    (マスキングテープなどで代用も可)
  3. 刺繍枠のネジをしめる
  4. 刺繍枠の外側の布を引っ張り、布に皺が出ないようにする


     
  5. コンセントプラグをつなぎ、本体側面の電源スイッチをONにする


     
  6. 使用する糸を糸立て台にセットする
    動画の通りに糸を通す
    ※ 布の準備として、必要であればアイロンがけや接着芯の貼り付けなどをしておく


     
  7. 刺繍枠が本体の台枠にセットできるか、幅を確認する
    ※セットできない場合は、つまみボルトを外し台枠を刺繍枠のサイズに合わせる
  8. 刺繍枠を機械にセットする


     
  9. データを機械で開く
    USBを本体に挿す→画面のUSBマークを押す→データ選択→セット→加工サイズを確認→編集終了


     
  10. 刺繍範囲の確認
    四角い点線キーで刺繍の範囲を確認→位置を調整→縫製


     
  11. 使用したい糸が選択されているか確認し、必要であれば画面下部の糸コマ交換ボタンを選択して交換を行う


     
  12. 加工開始
    ロック解除→緑色で点滅しているボタンを押し、スタート

4.加工中の注意事項

  • 針の折れ、上糸下糸の切れ、刺繍枠外への加工による破損などがないよう目を離さないこと
  • 加工音、糸のぬけ、糸のからまりなど、異常がないか監視すること

5.緊急停止

  • 動作中にスタートボタンを押す

6.仕上げ

  1. 機械から刺繍枠を取り出し、刺繍枠から布を外し、渡り糸を切る

     

7.片付け

  1. ホーム→OK→USBを抜く→電源をOFFにする→電源コードを抜く


     
  2. 作業が終わったら、デスクトップのデータを消去する
  3. 不具合や破損がないか点検し報告する

TOP