デジタル加工

  • メーカー名:富士ゼロックス
  • 型番:DocuColor7171P

複合機

フロア 至誠館 4F
台数 1台
加工可能素材
※和紙のような繊維毛羽立ちのある紙は使用禁止
加工可能サイズ ・トレイ1、2、3の場合
定形サイズ:最大 A3、11×17"
非定形サイズ:140×182 mm~330×488 mm

・手差しトレイの場合
定形サイズ:最大 A3、11×17"
非定形サイズ:100×148 mm~330×660 mm

・印刷可能な紙の厚み
64~300g/㎡(300g/㎡は手差しのみ可)

・平とじ可能枚数
100枚(用紙が64〜90g/㎡の場合)

・中とじ可能枚数
20枚
メーカーWebページ
ライセンス ULTRA基礎講習

機材の一覧に戻る

中とじ・平とじといった製本加工まで行える複合機です。
複数枚の原本をコピーしてホチキスどめしたり、出力から三つ折り加工や小冊子の製作などが行えます。

 

複合機 7171P の使い方

1.元となるデータ・原本を用意する

  • データはIlustratorでの作成が望ましい
  • コピーする場合は原本を用意する(上部トレーにセットする)

2.コピーカードの挿入

  • 複合機の上に置いてあるカードリーダーにコピーカードを挿入する

3.出力

  • Ilustratorの場合はファイルからプリント...で出力設定を行う
  • 原本をコピーする場合は複合機の操作パネルから出力設定を行う

※出力手順の詳細は以下の資料を参照

両面平とじ(両面)中とじ(原本を)コピーして平とじ三つ折り

4.片付け

  • 原本と出力した印刷物を回収する
  • カードリーダーのレシート発行(決定)のボタンを押してレシートを発行する
    ※発行したレシートはオフィスでの支払いの際に必要になります
  • カードリーダーのカード取り出しボタンを押してコピーカードを取り出す
  • PCに入れたデータは消去する
  • 開いているソフトを閉じ、PCをシャットダウンする

TOP